弁護士 野溝夏生

選ぶなら、 「わかる」 弁護士を。

ITベンダーの方、こんなトラブルで困っていませんか?

業務完了後も報酬を支払ってもらえない

瑕疵担保責任等で損害賠償を請求された

業務途中で契約を解除すると言われた

弁護士に依頼することで、次のようなメリットを得られるかもしれません。

未払だった報酬を支払ってもらえる

損害賠償額を低減またはゼロにできる

得られたはずの利益を得ることができる

システム開発訴訟等のITトラブル、コーディングもできる弁護士に。

弁護士 野溝 夏生 (第一東京弁護士会)

 

IT分野では、ベンダー・ユーザー間でのシステム開発訴訟(ソフトウェア開発訴訟)をはじめとして、多種多様なトラブルが発生しがちです。
例えば、契約不適合責任(瑕疵担保責任)に関するトラブルや、プロジェクトの頓挫に関するトラブルが考えられます。
このようなトラブルの発生の予防や、発生した場合の対処にあたっては、法律の専門家である弁護士の関与が非常に有用です。

しかし、そもそもIT分野自体を苦手とする弁護士も少なくなく、例えばSaaS等の意味さえ把握していない者も多いように思われます。
この場合、相談や打ち合わせの段階で、弁護士が内容を理解するために、かなりの時間を割く必要が生じてしまうことにもなりかねません。

この点、私は、 Rubyによるプログラミング を趣味としており、コーディングして作成したプログラムを自身で契約・管理しているVPS上のLinuxで走らせているほか、いくつかのWebサービスの公開も準備しています。
(当サイトもSinatra + Puma + Nginx on ConoHaで運用しています。)
また、学生時代には、 企業の方からの依頼を受け、有償にてプログラム開発を行った経験もあります。

このこともあってか、IT分野の方と知り合うことも多く、その方々とは技術的な話をすることも多いため、ありがたいことに IT分野に強い関心のある弁護士として認識・評価されることも少なくありません。
このように、私は、多くの弁護士とはやや異なる、コーディングもできる弁護士として、ITトラブルでお困りのベンダーの方のお役に立てると考え、また、お役に立ちたいと考えています。

様々なサービスを利用して、コミュニケーションを効率的に。

Teams, Slack等対応

Skype、Microsoft Teams、Discord、Slack等を利用したご相談・打ち合わせに対応しており、事務所までお越しいただく必要はございません

電子契約等対応

電子契約 (Adobe Sign、クラウドサイン) を用いた委任契約や顧問契約の締結等各種書面のやりとりに対応しております。

クラウドでの情報共有

ご希望される場合には、クラウドツール (esa) の利用により、弁護士と依頼者様との間で、従来以上に効率的な情報共有を可能としております。

わかりやすく、適正妥当な弁護士報酬を。

相談料

5000

※ 受任した場合、初回相談料は無料とします。

報酬

30000

※ 御見積はお問い合わせください。 

※ 別途、実費がかかることがあります。

よくあるご質問

Q.
依頼する前におおよその弁護士費用はわかりますか?

A.
ご依頼前に一般的な事案におけるおおよその弁護士費用をお伝えいたします。

Q.
他の弁護士との違いはなんですか?

A.
私の強みは、自らもコードが書けることをはじめとする、「IT分野との強い関わり」にあります。
顧問先もほとんどすべてがシステム開発を行うITベンダー企業です。

Q.
現時点で対応しているビデオチャットは何ですか?

A.
Skype、Microsoft Teams、Discord、Slackに現時点で対応しています。ご希望に応じて、その他のツールも対応可能ですが、セキュリティの観点から、Zoomには対応しません。

Q.
まだシステム開発訴訟等になるかわからないのですが、顧問契約等で継続的に相談できますか?

A.
通常の顧問契約のほか、ある程度定期的に業務が生じることを前提に、固定費のかからない従量課金型の外注法務サービスも提供しています。 顧問契約の概要はこちらから(PDF)。

お問い合わせはこちら

03-3580-7110

受付: 09:30~18:30 / 土日祝を除く